【糖尿】カテーテル手術 当日 まさかの・・・

スポンサーリンク

【糖尿】カテーテル手術 当日 まさかの・・・

カテーテル手術の日程も決め、手術さえ終われば最悪膝下からの足の切断はないだろうと安心していました。また、手術も30分前後で終わる簡単な手術とも聞いていたので内心良かったぁと思っていました。


糖尿 介護

そして手術当日、父親を車に乗せて大学病院に行き、父親を看護婦さんに引渡し、私と母親は待合室で手術が終わるまで待つことにしました。

すると、ものの10分ぐらいで看護婦さんに診療室にくるよう呼ばれ、中に入ると、まだ父親がいるではありませんか!あれ、どうしたんだろうと思っていると、先生の口から『手術を拒んでおられます。手術はせんでいいと言ってますが・・・』と、もう、ビックリです。

言葉がでません。沈黙が少し続きました。まさかの展開です。すぐに母親が手術を受けるよう、説得しにかかりますが、ガンとして言う事を聞きません。しまいには怒り出し『帰る』の一点ばり!

もう何を言っても聞きません。仕方がなく手術のキャンセルをお願いし、先生も『本人の気持ちが大事ですので手術はやめましょう』と、優しい対応を頂き先生に平謝りをしながら、病院を後にしました。ただ、この先、足の指が壊死し始めたら確実に足を切断しなければならないため、爆弾を抱えたままの生活を送らないといけない。本人はそれでいいかも知れませんが、家族はたまったもんじゃないという感じです。
(なぜ、手術を拒んだのかはわかりません。くそジジィに聞いても答えてくれません。まぁ、もともと医者嫌いでほとんど病院に行ったことがない父親でしたので、その辺も関係しているのかもと思い、もうバカらしくなり聞くのもやめました)

それからの父親は自己流で、また人から聞いて良いと思ったことはやっていたみたいです。足の指先まで血液を送らないといけないとの事で、足を冷やさないよう靴下やらタオルを巻いたり、しまいには ふくらはぎ専用レッグウォーマー という女性用?なのかよくわかりませんが、これが気に入り、とにかく足を温め血流を良くしようと起きている時も寝る時も履いています。また、医者の薬は嫌がって飲むのを拒んでいましたが、生活習慣病や血液サラサラ効果の特許成分が入った 三黒の美酢 という黒酢のサプリメントが良いと聞いて通販で買って飲み続けてたりします。正直、この事が良かったのかどうかはよくわかりませんけども、壊死しかけていた足の指は時間はかかったものの完治し、とりあえずは足の切断の危機は脱しました。


紀文 糖質

しかしその後も足の指に菌が入っては再発・完治を繰り替えしながら、今日(4年ぐらい経過)まできています。ただ、毎回再発すると足の切断が頭をよぎり、あの時、カテーテル手術をしておけば、父親もここまで苦労することはなかったのにと思います。

今も尚、状況は変わっておりませんので、今でもレッグウォーマーで足を温め、黒酢のサプリメントを飲んでいます。なんとか切断せずにいる状態です。歳も歳ですので、不謹慎ですが先はもう短いと思います。できることなら、このまま五体満足で逝かせてあげられたらと切に思っています。

以上が父親の体験ですが、是非これを読んで合併症の怖さを知って下さい。もし足を切断でもしたら本人だけではなく家族の生活も変わってしまいます。大袈裟なことではありません。

そして糖尿病を決してあなどらない事、糖尿病の疑いあがると診断されたら放置せず、自分のためにも、家族のためにも糖尿病と向き合って下さい。若いうちはまだいいかも知れません。歳を重ねていくとそれだけ体もむしばまれていきます。また若くても人によっては早く進行する場合もあります。

糖尿病・高血糖と診断されたら早めに治療を!うちの父親みたいにならないように気を付けて下さい。

・・・私も、そう言いながら結果的に糖尿病!?になりかけています。うん?ヘモグロビンA1c が 9.4% 、これは糖尿病でしょうか?ただ、父親の事を間近で見ていますので、自分のためにも家族のためにも迷惑をかけないよう気を付けようと思います。
それでは、私の事はまたの機会に・・・

 

⇒ 実録!糖尿病からくる合併症の恐怖!(父親の体験談その1)

⇒ 糖尿病の血糖値とヘモグロビンA1c
⇒ 糖尿病の検査結果!
⇒ 糖尿病のうたがいあり 血液検査!

 

 

スポンサーリンク