健康寿命を延ばしましょう!

スポンサーリンク

健康寿命とは?

健康寿命とは、2000年に世界保健機関(WHO)が提唱した概念で、
日常的・継続的な医療・介護に依存しない、「日常生活に制限のない期間」のことで、厚生労働省の定義では、『健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間』を健康寿命と言います。

つまり持病での長期的な通院や、自立困難、寝たきりなどによる支援や介護の必要のない、他者にお世話にならずに健康的に過ごせる期間のことです。

平均寿命と健康寿命の差は「不健康な期間」!

下記の図はH22年に厚生労働省が発表した平均寿命と健康寿命の差をグラフにしたものです。


平均寿命
資料:平均寿命(平成22年)は、厚生労働省「平成22年完全生命表」

平成22年時点で男性の平均寿命は79.55歳、健康寿命は70.42歳、
女性の平均寿命は86.30歳、健康寿命は73.62歳ですね。
平均寿命と健康寿命の差=つまり、「不健康な期間」の平均は、男性が9.13年、女性は12.68年にもなっています。

健康寿命を延ばすことが、生き生きとした生活には欠かせない

寿命を迎えるまで、平均で男性では9年間、女性に至っては12年半も不健康な期間があるという調査結果です。

趣味や旅行で余暇を楽しんだり、友人やご夫婦、可愛いお孫さんと楽しいひと時を過ごしたり、買い物や家事、トイレ、入浴など、誰にもお世話にならずに不自由のない日常生活を送りたいものですよね。

長年働きあげ、さあこれから楽しもう!といった矢先に病気で倒れたり、一緒に楽しもうと思っていた夫や妻の介護が始まったり、まだまだ生活を支えなくてはいけないのに病気で働けなくなったり、通院・歩けない・寝たきりなどの支援や介護が必要な毎日では、生活の質も著しく低下し、心身ともに疲れ、不安で生き甲斐もなくなってしまいますし、家族に迷惑をかけていると心苦しく思ったり、また、本人ご自身だけではなく、ご家族や周囲の人にとっても大きな負担と心労がのしかかってきます。

健康寿命を延ばすには

生き生きとした、やりたいことをやれる幸せな毎日を送るには健康が第一ですね!
病気の大半は生活習慣、とりわけ食の生活習慣から来ると言われています。健康に関心を持って、健康意識を高く持つことで生活習慣を少しずつ改善していきましょう。適度な運動、禁煙、ストレスを溜めない、食生活、睡眠、などポイントは沢山ありますが、一番取り組みやすいのは食生活の見直しからではないでしょうか。

「人の体は口から摂ったものでできている」とよく言われますが、正しい食生活を心がけて、私たちの体を作っている細胞から元気にしていきましょう。細胞が元気になれば、疲れにくい体になる、免疫力もあがる、老化のスピードを抑えられる、など、健康に過ごすための大きな味方となりますね。

忙しい毎日を送っていて、食事に気を配れないという方や病気ではないが何となく疲れる、元気が出ないという方は、サプリメント等で足りない栄養を補給するといいでしょう。

自分だけでなく、家族の中の1人でも不健康になると日常が一変しますから大切な家族一人一人が健康でいられるように日々の心がけが大切です。

生涯にわたり健康でいるために、できることから少しずつ改善していきましょう。

 

⇒ 平均寿命と平均余命についてを知ろう!

スポンサーリンク